平川 実加  / 会長

1985年2月生まれ 、大阪府出身。

幼い頃から内弁慶で、人前で自分を自由に表現できない10代を送る。

関西学院大学でソーシャルウェルフェアを学ぶ。

専攻は『多文化共生のためのソーシャルワーク』

インド人講師による、発展途上国の村において村人が自らの力を発揮して問題を解決していくためにどのように働きかけていくかというファシリテーター養成講座ワークショップに感銘を受ける。

どんな環境下にいても、人間は自分で問題を解決して道を切り拓く力を元々持っていること、また社会援助とは支援側がただ与えるのではなく、クライアントの真の望みを知り、相手の力を信じ、引き出すという姿勢でいることの重要性を知る。

大学卒業後、自分の本当にしたいことは一体何なのか、自分は一体何者なのかを模索する20代を送る。

京都嵐山の旅館でマネージメントを経験。

心身のバランスを崩したことをきっかけに、健康が何よりも大切であることに気づき、プロのセラピストをしながら、ヨガとマクロビオティックを学ぶ。

マクロビオティックの真理に惹き込まれ、『これが私がずーっと知りたかったことだったんだ!』と、『どんな場面でも潜在意識の自分に沿って生きよう!』と人生で初めて決意、自分と約束をする。

その決意から、人生が180度転換し、転がるように道が拓けていく。

なぜか惹かれていたインドに行くご縁をいただき、インドの『ありのままで、あまりにピュア』な村人や子どもたちに衝撃を受けると同時に、自分が周りを気にして自分の殻に閉じこもっていたこと、社会的・経済的発展と引き換えに日本人の失いつつあるものに気づかされる。

特に同じ女性が、ありのままの自分を取り戻して、素直に正直に、自分を自由に表現して生きることの大切さを身をもって痛感し、一般社団法人W・H・S・Eを立ち上げる。

恩師との出会い、そして娘を授かることを通じ、女性が自分の女性性、誰もに備わっている母性を発揮していくことが、これからの時代、人間が真に望む未来を創ることに繋がると確信。

誰もに備わっている潜在能力に気づき、それを引き出して本来の自分の人生を生きよう!とする仲間が一人でも多く増えることを願う。

 


 

Meera(ミラ)/ 副会長

1979年1月生まれ、徳島県出身。
東京農工大学にて農学を学ぶ。特に天敵防除(自然界にもともと存在する天敵を利用して、病害虫から農作物を守る)に興味を持つ。
師事していた先生の調査研究旅行に同行してベトナムに行った際に、人々の目が澄み、これから何でもできるんだというエネルギーに満ち溢れていることに衝撃を受け、多くの人たちが死んだような眼をして人生を諦めているように見える日本との違いについて考えさせられる。
都市部は発展しつつあったが、ワイルドライスとパパイヤの調査のために訪れた地方の村々は開発されておらず、自然と共に大地に根付いて生きる暮らしに目を見張った。自分がこれまで当たり前と思ってきたことって何だったのだろうかと思い、日本と違う国々をこの目で見て実際に感じてみなければとの思いに突き動かされ、翌年、大学を1年間休学し、東南アジアと東ヨーロッパを中心に20ヶ国余りを一人で旅してまわる。

その間に、雨が降ったら山道を雨が流れていくようなネパールの山村において、村人ともに石で階段を作るNGO活動やドイツの歴史的建造物の修復作業を行うNGO活動に参加し、現地の人々及び世界中からボランティアで集まった人々と交流を深める経験もする。
大学卒業後は農林水産省横浜植物防疫所にて約10年間勤務。
海外から輸入される植物(果物、野菜、種、苗など)に病害虫が付着していないかの検査をし、日本未発生の病害虫の侵入により日本の農業が被害を受けることを未然に防ぐ仕事に携わった。
在職中に妊娠、出産、子育て、家庭と仕事の両立を経験する中で様々な困難に直面し、家族の在り方や働き方を含めた現代の生活に疑問を感じ、自分と子ども、家族が幸せになるための方法を模索し続けてきた。

マクロビオティック、シュタイナー教育、様々な自然療法と出逢い、学び、実践していく中で、自然と調和して本来の自分自身と繋がり、一人一人が自由に人生を楽しむことの大切さに気付く。
一般社団法人W・H・S・E代表理事の平川実加さんの思いに賛同し、北浜伝統ヨガスタジオが開催したマクロビオティックアドバイザー養成講座とマクロビオティックカウンセラー養成講座を受講して認定される。

現在は同法人のマクロビオティックインストラクターとして活動しながら、熱い想いの詰まったコンガリアプロジェクトを実現すべく仲間たちと奔走中。

 


 

一般社団法人W・H・S・Eよりご寄付のお願い

私たちの活動にご賛同いただける皆様にご寄付をお願いいたします。

未来を担う子供たち、その子供たちに大切な未来を繋ぐ私たち大人。

ありのままの自分で生きていきたいと思う全ての人を私たちは支援します。

一人一人が個性を活かし、「何か」を取り戻して自由に生きるためのコンガリア村プロジェクトを進めていくには皆様の支援が必要です。

私たちの活動に共感いただけましたら、温かいご支援をお願いします。

あなたのご寄付が、子供たちへの教育支援へと繋がり、私たちが私たちらしく生きていける地球作りに繋がっていきます。

いただいたご寄付につきましては、全てコンガリア村におけるヒーリング・リトリート・リゾート建設および運営に充てさせていただきます。

また、ご寄付を頂くことの責任として定期的な活動報告と財務報告をお約束します。

活動のあらゆる面にわたって、オープンな運営、積極的な情報公開、明朗な会計を行います。

また、施設完成の折には、ご寄付いただきました皆様のお名前を記した記念碑を設置する予定です。

あなたのご寄付が、子どもたちへの教育支援へと繋がり、私たちが私たちらしく生きていくことに繋がっていきます。

応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

◆ご入金の方法◆

当法人へご寄付をいただける場合には、下記口座までご入金をお願いします。

なお、一般社団法人の会計処理等の都合上、ご寄付をいただいた方のお名前とご住所が必要となりますので、

下記メールアドレスまで、ご寄付をいただける旨とお名前とご住所をご連絡ください。

 

 

 

 

寄付要項 

(1)募集期間: 随時

 

(2)寄付の種別: 

  ○ マンゴーサポーター   一口    10,000円 

  ○ ピーコックサポーター  一口  100,000円

  ○ ボダイジュサポーター  一口 1,000,000円

  *寄付をいただいた方には、リトリートセンター設立時に記念碑にお名前を入れさせていただきます。

 

(3)申し込み方法: メールやお電話、または現金書留同封にてお願いいたします。

   お申し込み時に以下の内容をお知らせください。

   ○ お申込者の氏名  

   ○ お申込者の住所 

   ○ お申込者の電話番号

   ○ お申込み口数

   ○ 領収書の宛先

 

(4)お申込み及び連絡先:

   ○   電話番号              06-6210-1789

   ○   E-Mail       w.h.s.e.699@gmail.com

(5)寄付方法:   振込 

  ○   ゆうちょ銀行 記号14160 番号26598951

 シャ)ダブリュエッチエスイ

    ○    三井住友銀行 新大阪支店(店番号506)

    普通預金 4351134

    シャ)ダブリュエッチエスイー

 

 (6)領収証 

  入金を確認いたしましたら、領収証を郵送いたします。

 

 (7)税法上の優遇

  税法上の優遇処置(寄付金控除)を受ける事はできません。